空蝉(ロゴ)

チェコ旅行記⑥ チェスキークルムロフ

TRAVEL /

バスでチェスキークルムロフへ日帰りの旅

絶対に行きたかった町、チェスキークルムロフ!!
STUDENT AGENCYのバスを日本で前もって予約しておきました。
7時にNa Knížecí 駅発のバスに乗り出発。
朝早すぎてホテルの朝食は間に合わないので、前日に買ったパンと飲み物を持って乗車。
本当は8時発がよかったんですけど、もう一杯で予約できなかったんです。。
でも、ホテルから5分ほどでバス停だったので、7時でも無理なく行けました。
ちなみに、このSTUDENT AGENCYのバス、飛行機のように快適だし、アテンダントさんがいて飲み物が配られたりするのですが・・・
行きのバスは、アテンダントさんが急遽の休みになったようで💦
前日に、明日アテンダントいないんだごめんね!みたいなメールが届いてました。笑
別に大したことじゃないので気にしませんけども。
そういうこともあるようですよ~


バス停からの景色。塔が見える・・・!

チェスキークルムロフでは、Spicak駅とAN駅、2つのバス停があるのですが、我々の行った期間はAN駅が工事中か何かで使われておらず、Spicak駅に到着。
帰りもこのバス停から帰りますが、ロータリーを挟んだ反対側から乗ります。


念のため撮った帰りのバス停。紅葉がきれい。

こちらのバス停は、お城の裏手の公園に面した場所にあるので、いきなりお城が見えてテンションあがります👏

まずはチェスキークルムロフ城へチケットを買いに。
チェコ語、英語、ドイツ語のツアーがありますが、午後2時頃の英語のツアーのチケットを買いに行きました。
満員で買えないと嫌だし、という行動だったのですが、別にそんなことしなくても行ったなりの時間で買えたかも😅


お城のお堀で飼われているくまさん。
いないこともあるそうですが、ばっちり会えました🐻

チケット売り場のある第2の庭からの塔。

バスの予約が8時、9時がいっぱいだったということは、我々の着いた10時の1時間後から観光客が増えるということ。
この時点では、まだ人が若干少なめなので、チケットを買って、そのまま町へ向かいます。

なんて可愛らしい町でしょうか。。

どこもかしこも素敵すぎて、シャッターが止まりません。。
プラハと違って、車が景観の邪魔をしないのも良い。
観光客がアジア人だらけなのは気になりますが😅
ひとしきり町の写真を撮った後は、ランチをしにお目当てのレストランへ。

エッゲンベルグ醸造所直営のレストランでランチ

スタロプラメンで味を占めた我々、チェスキークルムロフではここに行くと決めていました。
チェスキークルムロフの地ビールの醸造所だとか。


お店の外観と玄関。


ずっと食べたかったチェコ料理。
ローストビーフのクリームソース煮とクネドリーキという蒸しパンのようなもの。

ここでのお料理もやっぱり美味しかったです。
本当に、チェコは料理が美味しかった。。
ビールは、私はやっぱりあまり飲めなくて、夫にあげてラズベリージュースを頼みなおしました。
サラダも注文したのですが、チーズ系のドレッシングがダメな私を気遣って、夫が店員さんに一生懸命、ドレッシングを別にしてくれと伝えようとチャレンジしたのですが、なかなか伝わらず😂
でもね、つたない英語でなんとか話す夫の言葉を、ちゃんと聞いてくれるんですよ・・・絶対うっとうしかったはずなのに。
注文したものを持ってきた時に、聞き取れなくて聞き返したら、ちゃんと説明してくれたり。
なんか、すっごく嬉しかった。2日前のカフェと比べて・・・
このお店は担当制ではなくて、日本と同じようにレジで会計するスタンス。
その際に、チップも合わせて会計してしまうよう。
たぶんだけど、そもそものお給料にチップ分も含まれてるんじゃないかなあ・・・
スタロプラメンのレストランもそうっぽかった。
あのカフェは、チップ云々で損得があるから、店員もあんな態度になるのかな、
だったら、スタロプラメンやエッゲンベルグみたいにすればいいのに、
とか、想像の域は出ませんが、そんなふうに思ってしまったのでした。
ここでは相場よりだいぶ多めにチップ払っておきました。
ありがとうエッゲンベルグの店員さんたち。

MAPS.MEで見つけたビュースポットからの絶景

ランチの後は、また街歩きをしながら、今度はビュースポットを探して行ってみました。
Wi-Fiは持ってなかったので、前もってMAPS.MEというオフラインで使える地図アプリを入れておいたのですが、それにビュースポットがのっているのです。


まずはスヴォルノスティ広場から。

広場から東に登っていくとたどり着くスポット。割と人がいます。
この下に見える道がとても素敵なのです。

さらに道を登って行ったところから。絶景。ここは、誰もいなかったです。
たぶんここ↓

同じ道を引き返しながら、1つ目のビュースポットから見た小路に行ってみました。

石畳の素敵な小路です。。

その後も写真を撮りつつ町歩き。町全部素敵なので載せきれません。。

チェスキークルムロフ城の内部見学

残念ながら、撮影不可です。
第3の庭のRoute1という看板のある入り口あたりで待っていると、案内してくれる人が来て、鍵を開けて中に入れてくれます。
10人くらいの人数だったかな。思ったより少数でした。
英語のツアーで入ったので、英語で解説しながら、城内の礼拝堂やお部屋を巡っていきます。
プラハ城より、こちらの方がお城の見学!という感じです。
私は英語がわからないので、説明の1割くらいしかわかりませんでしたが・・・
それでも荘厳なお部屋や展示物を見てくのは楽しかったです。
英語がわかればな・・・

見学が終わると、城内の橋がまたビュースポットです。


インスタで多くの方がのせる構図。

美味しすぎるお菓子トゥルドロ!!

プラハでもそこかしこで見たこのお菓子のお店。
トゥルデルニーク(別名:トゥルドロ)というチェコのお菓子だそうですが、食べよう食べようと思いながら、タイミングがなかったので、ここで食べてみました。

美味しすぎます!!!


食べかけで本当にすみません。。

アイスが乗っているのですが、景色のいいとこで食べよう~と歩いていたら、溶けてしまった😭
ドーナツ?あげぱん?ふうの生地に砂糖とシナモンをまぶして焼いたようなお菓子。
伝統的なのはプレーンだそうですが、最近はアイスをのせたものが流行っているらしい。
でも、この生地が美味しすぎるので、個人的にアイス不要でした。

大満足のチェスキークルムロフ

帰りのバスは6時だったので、まだまだ時間があり、またも街歩き。


夕方になると人がだいぶ減ってきます。


聖ヴィート教会も通りすがりに近くで見れました。


夕暮れの町を見よう!とビュースポットに戻ると、気球が飛んでました。

3、4時間あればまわれるという小さな町、チェスキークルムロフ。
8時間いたので、心ゆくまで写真を撮れました。もう大満足!!

朝に見ておいたバス停からバスに乗り、プラハへ。
帰りのバスはアテンダントのお姉さんがいて、飲み物をもらいました。
コーヒーか紅茶か、だったと思います。
プラハに着いたのは9時頃だったと思うけど、ホテルが近いので問題なし。
例のごとく、スーパーで買い出しして、ホテルの部屋でくつろぎ、ラスト1日に備えました。

続きます

Category

Tag

#Photo Gallery#photo更新#アンケート#おでかけ#お知らせ#コーディング練習#サイト運営について#チェコ#テンプレート更新#バナートレース#国内#奈良#彼岸花#更新内容#桜#海外#滋賀#琵琶湖#目指せ在宅webデザイナー#秋#花